忍者ブログ
日々時々 一瞬刹那  月日もまた旅人なれば。
[312]  [311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拍手御礼
27日7時にくださった方、ありがとうございました。




営業を終えた、客船のホールレストラン。
モップをもった少年と、モップにもたれる少年が、その場にいた。


「災難だったな、お疲れ」

茶色の髪の少年が掃除を再開しながら、笑いを押し殺しながら言う。

「災難…なのかな…知らないけど…うぇぁ゛ー……疲れたぁ……」

気の抜けたような声を出し、少年はモップを引きずり歩く。
疲れたといいながらもごみ集めはなんとかするらしい。

「休んでりゃいいのに。
その代わり明日世良一人でやらせっから」

「それはいやだー」

だろうな、と翔は笑う。

「にしても…なんだろなー…あの人」
「フィルさん?」
「名前しってんだ?」

翔がきょとっと振りかえると、別の声がそれに答えた。

「今日に始まったことじゃないからな、それ」

エルナトさん、と反応して銀の髪を纏めた少年は立ち止まる。

「そうなんすか?」

翔が短く聞き返した。
エルナトはエプロンを外して適当に畳みながそれに応じる。

「多分一個前の港で乗ってきた奴……もとい、客。
世良にぞっこんらしいな」
「おかげで3回連続、上がったら最後…
指名続きで舞台降ろしてもらえないんですけどね…」
「うわ、きつそ」

言って笑う翔を、世良はすこし睨めつける。
舞台にあがらない彼にとっては所詮他人事だ。

「ま、かといってさすがにこのままじゃそのうちへばるな。
俺と代わるか?」

一応、対策をたててくれるだけの優しさはあったらしい。
けれど。

「ホールにいたらいたで引っ張りだこだぞ…一テーブルに」
「やっぱり、そうです……よね」


エルナトが苦笑いを浮かべ、世良は乾いた笑いを床に向ける。
相当の強者であるらしい。

「てなわけで、隠れるか。な。」


な、というところでぽんと少年の肩を叩くエルナトの顔を、世良が見返す。

「はい?」



「ジルんとことリデルんとこ、どっちがいい?」
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
壱樹
年齢:
32
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1987/07/14
職業:
技術部研究生
趣味:
時間の無駄遣い、演劇、睡眠
自己紹介:
基本的には面倒くさがり。
もう少し知識のあるコトバカに
なれるといいと思うコトバカ。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ[PR]
◇ 写真提供:Four seasons ◇ ◇ cute*e ◇