忍者ブログ
日々時々 一瞬刹那  月日もまた旅人なれば。
[301]  [300]  [299]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拍手お礼です。
13日6時にくださった方、ありがとうございました。
もしよろしければ、駄文でもどうぞ。



   「なぁ・・・エル・・・・・・?
    もっかい会えたら・・・聞きたいことがいくつもあるんだ

    多分、これからもうちょい増えるからさ・・・・・・」


   緩やかに形を成した水滴が岩壁を渡る。
  洞穴の外は手元さえぼやけるほどの濃霧だ。
  青年の呟きも、かすかに響いて吸い込まれていく。



    「・・・もう・・・・・・・いいかな―――・・」


 


”無限の悲しみ”  




    「だめだね」

   人に聞かせるための声は霧散せずに聞き手の耳をついた。

    「もうちょい反省してろ」



    「葵蓮」

    「よっ」

   植物の茎で編まれた草履で地面を擦りながら、背の高い青年が暗闇から現れる。

    「野歩きに不向きな陽気んときばっか、くんのな」
    「そういうときの方が仕事もやる気も出てこないからな」

    「ついでに軽い鍛錬になっていいだろ?」


   悪戯げに笑うその真意はどこにあるのか。



    出逢ったときから、望むところはわからなかった。


    『あんたが銀色を消した王サマ?』


   その、久々に聞いた人声に振り向いたのはいつのことだったか、
   月日の数え方も大雑把にしか覚えていない。




    「鍛錬、ね」

     金の髪の青年が苦笑する。

    「俺に釘でも刺しに来たか?
     わざわざ来なくても、今更何をしようとも思わねぇって」


    「霧の日は」

    言って、葵蓮は岩肌の結露に手を添えた。


    「”夢”も目の前に現れやすいだろ」




         そうして、告げる。

         長きに渡る、物語に連なるピースとなるひとことを。





      二つの世界に繋がる青年は、口の端をあげ、笑んで紡いだ。



    「銀色が、見つかったってよ」

 

歯車は、廻り始める。

 

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
壱樹
年齢:
32
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1987/07/14
職業:
技術部研究生
趣味:
時間の無駄遣い、演劇、睡眠
自己紹介:
基本的には面倒くさがり。
もう少し知識のあるコトバカに
なれるといいと思うコトバカ。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ[PR]
◇ 写真提供:Four seasons ◇ ◇ cute*e ◇