忍者ブログ
日々時々 一瞬刹那  月日もまた旅人なれば。
[425]  [424]  [423]  [422]  [421]  [420]  [419]  [409]  [408]  [407]  [406
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

fox


 風も身の音を静めたようだった。
 木の葉は、わずかな風を捉えて戯れる。

 沈黙が、徐々に騒がしくなってくる。









   ------------------  razza  -----








   「変な人ですね、お姉さん」


 変な少年は首を傾げてそういった。
 やっと、言った。
 それが疑問を表すのか、ただこちらを良く見たかったのかはわからない。
 返答の言葉はなんだか出てこなかった。


   「いや、失礼」

 その間に彼が、言葉を翻した。

   「変な、といっては語弊がありますね」

 そう言って、一拍。
 本人としてはちょいと顔の向きを変えただけの動きだろう。
 しかしこちらからは、奇妙な狐面の誇張を受けて
 結構な方向転換をしたようにも見えてしまう。

   「あぁ、そう」

 やっと、ふさわしい言葉を見つけたらしい。
 声が少し嬉しげではあるが、その表情は狐の細目で読み取れない。



   「変わった、お姉さんですね。
    こんな奥の神社にまで、お守りを買いにでもいらしたんですか?」



 まさかありえないだろうと言葉の面で言っている。
 けれども、不本意ながら。
 残念ながら、図星、なのである。

 だから、こう答えるしかない。

   「そうなのよ」

   「お守りを買いに来たの。
    こんな奥の神社で売ってるっていうお守りがとっても効くって聞いたから」



 そう、嘘偽りないただの事実。

 なのに、少年には黙られた。

 わざと戻ってきた風に面の紐を遊ばせるように
 顔を横向きに向けて、しかし何を窺っているのかはわからない。


   「噂と一緒に聞きませんでしたか?」

 やっとのことで、そういった。
 少しかき消されそうな声を拾った。

   「え?」

 内容は取れたが、意味がわからなかった。

 ほんのすこしだけ、周りの温度が下がった気がする。
 ふっと暗くなったことに気付いて、顔を真上に向けると
 ちょうど雲が太陽を隠した。



   「ここでお守りは売っていないって」








   「聞きませんでした?」



 狐面を少しずらす。
 少年は口の端を上げてそう言った。
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< cuspidata HOME ring >>
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
壱樹
年齢:
31
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1987/07/14
職業:
技術部研究生
趣味:
時間の無駄遣い、演劇、睡眠
自己紹介:
基本的には面倒くさがり。
もう少し知識のあるコトバカに
なれるといいと思うコトバカ。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ[PR]
◇ 写真提供:Four seasons ◇ ◇ cute*e ◇